県内企業雇用環境改善支援事業

本事業とは? off on facebook facebook

※沖縄県雇用政策課番組「働きがいTV」第3回放映(平成29年2月18日)当時のものとなります。

沖縄のソウルフード「うちなー天ぷら」。街の天ぷら屋として親しまれる老舗上間弁当天ぷら店は、平成21年に株式会社として法人化されました。沖縄の食文化に焦点を当てた大きなビジョンを掲げる会社として、社員が一丸となり成長を続けています。

Main
character

パートリーダー

比嘉 幸さん

忙しい中にもやりがいを感じ、
ビジョンを共有しながら成長できます。

天ぷらは、私が勤めている登川店だけでも、1日2,000個以上、そば・弁当などを合わせると3,500食近くを売り上げます。今はとてもやりがいを感じて働くことができていますが、働いたきっかけは、まだやりたい仕事を見つけられずにいた時に、ふとここで働いてみようと軽く思ったのが始まりでした。私はとても人見知りで、人と話すのが苦手な方でした。働きはじめの頃は泣いてばかりいましたし、辞めたいと思うこともありましたが、いろいろな人に支えてもらいながら頑張れるようになりました。毎月行われる社長研修では、社員全員が会社の理念やビジョンを共有することができています。今はマネージャーを目指して日々勉強しています。

Manager

株式会社 上間フードアンドライフ
代表取締役

上間 喜壽

天ぷらも弁当も一つの手段。
文化発信の理念を貫いています。

『食』を通して沖縄の文化を守り、伝え、発展させていく。その経営理念を社員と共有するために、月一回の社長研修も行なっています。そこでは、来期の経営計画の策定をスタッフ自らが決めていったり、経営的な数字を共有したりと様々な情報をオープンにしています。私たちはお弁当屋さんでもなければ、天ぷら屋さんでもありません。商品はあくまで理念に向かう手段であることを常に意識しています。経営計画や数字など、自分たちの会社の事を、社員がどれだけ自分事として捉え取り組んでいけるかで、大きな差が付いてくるのではないかと思います。

全てのスタッフが会社を知り、
情報を共有することで成長していく
沖縄の文化を育てるという理念を浸透させるために、そして、一人ひとりの社員が意識を持って仕事に取り組んでいくために、必要な情報を公開していることがポイントです。社員はもちろんのこと、パートやアルバイトに至るまで経営的な情報を知ることで、業務のレベルを上げていくことができます。成長している企業は、年間100時間を人材育成研修に費やしていると言われていますが、その時間をいかに効率よく取り入れていくかも、企業が成長するカギと言えるでしょう。
一覧に戻る
ページトップへ