県内企業雇用環境改善支援事業

本事業とは? off on facebook facebook

※沖縄県雇用政策課番組「働きがいTV」第6回放映(平成29年3月12日)当時のものとなります。

沖縄市美里にある、サービス付き高齢者住宅を併設した自立支援型の通所介護施設。デイサービスでは約30人の利用者が集まります。そこで一人ひとりに寄り添い、生きがいを一緒に考えていく取り組みを行なっています。共にそのストーリーを共有する人材育成が特色です。

Main
character

作業療法士

比嘉 浩司さん

どうやればできるかを考え、
一緒にいきがいを作る喜びを体感しています。

私が作業療法士を目指していた学生の頃、ある利用者さんと出会った事が仕事の向き合い方に大きな影響を与えました。脳卒中により左半身に麻痺が残り手先が使いづらい利用者さんに、私は水彩絵の具セットをプレゼントしてしまったんです。それでもこの方は絵手紙作りに挑戦してくれ、その作品が評判となり個展開催や本を出すまでになりました。本人も夢のようだと感激し、まさにいきがいを一緒に作ることを体感する事ができました。できないではなく、どうやったらできるようになるか、利用者さんに寄り添いながらいきがいを作る事が、私自身の働きがいにもつながっています。その人のやりたい気持ちを引き出し、共に生活を歩んでいける関係を築きたいです。

Manager

株式会社 いきがいクリエーション
代表取締役

田村 浩介

利用者さん一人ひとりに寄り添えば、
きっと同じ喜びを共有できると思います。

利用者さんの中には、前向きに生活している方もいれば、後ろ向きになってしまう方もいます。その違いは、やはり自分にとっての「いきがい」があるかどうか。いきがいを持つ人は、自分を認め自分らしい生活を送っています。そんな方と出会えると、こちらもたくさんのパワーをもらえ、働きがいを感じます。施設では、それぞれの専門スタッフが集まり、多角的な考察からケアを実践します。結果それがいきがいへとつながっていきます。いきがいは人それぞれですが、私たちは利用者一人ひとりに寄り添うことを大切にし、一緒にいきがいを共有できるような関わりを目指しています。

できないから始まるのではなく
できることを見出し実践していく
バックキャスティングとは、未来にありたい姿から今を見ることです。現状に目を向けてしまうと、できない理由を探して実行に移せなくなってしまいます。一方、未来から見据えた場合、現状がどうであれ、できる方法を探す思考にシフトします。できる未来の姿をイメージさせる事でいきがいを一緒に作り上げ、利用者さんとも共有する事が、スタッフのいきがいにもなります。この点が、働きがいを生み出していると言えるでしょう。
一覧に戻る
ページトップへ