県内企業雇用環境改善支援事業

本事業とは? off on facebook facebook

※沖縄県雇用政策課番組「働きがいTV PARTⅢ」第3回放映(平成30年2月17日)当時のものとなります。

【第3回】平成30年2月17日放映分

地元沖縄の建設業者として、集合住宅や戸建て商業施設など数多くの建設に携わり、土地活用のプロとして信頼されている、大鏡建設株式会社。自ら考えて動く自立的な人材の育成に力を入れています。

Main
character

設計部

川端 菜緒さん

先輩からの細やかなアドバイス、
全てが自分の財産になっています。

「建築」自体が初めての分野ということもあり、最初は納期間近になっても図面の進捗が進まず苦労したこともありました。今も勉強の毎日ですが、自分に知識がつくほど、お客様の喜ぶ仕事につながると感じ、それが今の原動力になっています。会社では、新入社員に担当の先輩社員が付きサポートしてくれるエルダー制度があります。毎日のタスクや学んだこと、不明点などを日記のように記し、担当の先輩社員とやりとりしたノートは、今でも自分の財産になっています。建築現場では、工事担当の方や業者さんなど様々な人々と関わりながら、建物が形になっていくことにやりがいを感じています。住む人にホッとしてもらえるような空間づくりを目指して頑張ります。

Manager

大鏡建設株式会社
代表取締役社長

平良 修一

お客様以上に考え提案する
自立した人材育成を目指しています。

建築というと、建物を建てるまでが仕事のようなイメージがありますが、お客様にとってはそこからがスタート。建てておしまいではなく、その後に仕事全体を自ら問い、考えて動く人材をつくっていくことが大きなテーマです。当社では、社内でこうしたいと思ったことを投稿し、賛同を得た提案を実行していく取り組みを行なっており、自らが社内改革を提案し実行へ移すことで、考えて行動する力を実感していると思います。それをお客様が考えていることや、潜在的に感じていることを掘り起こして提案する力につなげてほしいと思っています。その結果が社会を豊かにすることにつながるはずです。

不明も不安もサポートする
安心できる職場環境をつくる
新入社員にとって、特に学校で学んだこと以外の専門分野を仕事にする場合は、わからないことや不安はつきものです。その対策として「心理的安全性」が大切になってきます。新しいことにチャレンジする際に、周りがサポートしてくれる環境がしっかりしていると、自信を持って実践でき、自分が守られているという感覚が力強い原動力を生み出します。人・仕事・キャリアがつながった人材育成への取り組みが成長へと導きます。

平成29年3月19日の「働きがいTV」の放映から1年。その後の成長や変化について、オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社の経営者・人事担当者・若手社員のみなさまを再度取材してまいりました。

平成29年7月02日の「働きがいTVパート2」の放映から半年。その後の成長や変化について、沖縄ヤクルト株式会社の経営者・人事担当者・若手社員のみなさまを再度取材してまいりました。

一覧に戻る
ページトップへ