県内企業雇用環境改善支援事業

本事業とは? off on facebook facebook

※沖縄県雇用政策課番組「働きがいTV PARTⅣ」第5回放映(平成31年3月2日)当時のものとなります。

沖縄市大里に本社を持つサンサン沖縄は、家・土地・マンション・一棟アパートの売却から購入、査定までを行う、地域に愛される不動産会社です。社員全員が経営に参画するという意識を持ち、日々の業務に取り組めている理由は「社員を大切にする」という企業理念にありました。

Main
character

売買コンサルティング部
営業アシスタント

志慶眞 沙希さん

社内のメンバーから「私と一緒に働きたい」と、
思っていただくのが目標

私の業務は、営業社員の外回りをしっかりアシストすることです。そのアシストぶりを評価していただき、昨年『セールスコンテストの事務員表彰部内』でベストサポーター賞をいただきました。一般的にコンテストは営業職を対象としたものが多い中、私のようなサポート業務でも賞をいただけるというのは、凄くやりがいを感じました。定期的に県外で研修会もあり、他の事務員同士で集まり、一緒に学び、また新しいものを吸収し自社に持ち帰り、それを実践していける環境にもやりがいを感じます。
入社した時から、社内のメンバーから私と一緒に働きたいと、思っていただくのが目標なので、全員からの信頼を得られるような仕事を常にしていきたいです。

Manager

有限会社サンサン沖縄 
代表取締役

本永 尚和

社員を喜ばせ、満足させ、
成長させる会社作りを

これまで、何のために経営するか、サンサン沖縄の存在意義は何か、答えにたどり着くまで何年も考えてきました。サンサン沖縄は、地域の皆さんやお客様のお役に立ち、そして喜ばれたい。その願望であり理念を叶えるためにはやっぱり大切なのは社員なんです。社員に喜んでもらい、満足してもらい、成長させないと会社の理念追求はできません。この考えと理念に共感してくれる社員を何名も増やし、仕事を通して人に社会に喜ばれることを行う。サンサン沖縄という組織全体で、社会に対してもっと大きく、お役に立てることをしたいと日頃から考えております。

社員を大切にした「仕組みと仕掛け」で、
ビジョンを達成していく
織物を編む際、縦糸がしっかりしているからこそ横糸が自由に動くことができ、色んな柄を紡ぐことができます。サンサン沖縄の場合、ビジョンを経営計画書に落とし込み、さらにそれぞれの社員に実行計画書に落とし込んでいるので、縦糸をしっかりさせることで営業が自由に動けます。会社の仕組みが縦糸で、横糸が仕掛けという風に考えてもらうといいかもしれません。バックオフィスがしっかりとした縦糸となって、業務のフォローアップができているとこが強みだと思います。
一覧に戻る
ページトップへ